「若い」は、私の自慢です。それは、お肌のお手入れをしっかりすることと、時にはエステに通うことですね。そして「キレイ」でいるために気をつけることを、これからご紹介します。

結婚前のエステ通い〜疲れた自分を癒してあげて!〜
結婚前のエステ通い〜疲れた自分を癒してあげて!〜

キレイだけではなく、若い女性でいたい

ちょっと自慢させてくださいね。
私、今年で48歳になります。
「若いね」って、よくいわれるんですよ。
2年前、ある趣味の仲間8人で日帰り旅行に行った時、60歳くらいの仲間から年齢を聞かれ、「46歳です」って正直に答えたんです。
そうしたら、その方とてもびっくりして、「私の息子が35歳なんだけど、せめてそのくらいなのかなって思いましたわ。」っていわれてしまいました。
特に、童顔というわけではないのですが、若く見られることが多いですね。
化粧品店の人からもびっくりされたことがありますよ。
美容に関するCMをよく見かけますが、愛用者の年齢が出ると「私の方が若いでしょ?」って、主人に向って自慢しています。
若く見られるこつというわけではないけど、お肌のケアをしっかりしているからでしょうか。
そして、美意識を持つことも大切でしょうね。
女性なら、誰しもキレイでいたいと思うのが本音でしょう。
私も同じです。
いつまでもキレイでいたいし、若くいたいですよね。
特に、40歳を過ぎた頃から老化が気になって、アンチエイジングに目覚めました。
それから、ますますお手入れをしっかりするようになりましたね。
ただ、自分でするフェイシャルケアは、どうしてもむずかしいことがあります。
きちんとケアしているつもりでも、あんな悩み、こんな悩みって、出てきますから。
そんな時は、エステという専門の人にお任せするほかにないようです。
私も、20代の頃からエステでフェイシャルの体験を何度もしてきました。
エステに通えば、確かにお肌の調子はよくなりますね。
ただ、そのいい状態をどれだけ維持できるかが、むずかしいことでもあるのですが。
キレイだけでなく若い女性でいたいと思う方、とても多いことでしょう。
私も、そのためにいつも気をつけています。
私のフェイシャルケア、そして、エステ体験をしてよかったことなどを中心にご紹介しますね。
これからも、キレイで若くいたい方、ここでお話をさせていただくことがきっとお役に立つはずです。